高い服を着てもすべては着こなしで決まる

どんなに高い服を着ても、どんなにデザインが優れている服を着ても、全ては着こなしで決まる部分がファッションにはあります。
そこが面白い部分ではありますが、それと同時に注意しなければいけない部分でもあります。
特に気をつけて欲しいのは、テーマにあった着こなしができているのかどうかを常に考えることではないかと思います。
例えば、ラフに着こなす方がいい服はラフに、ビシッと決めた方がいい服はビシッと着こなすことが大切です。
また、スタイルよく見えるように強調したいのか、自分にあったサイズを切れているか、などといったことも考える必要があるかと思います。
パーツパーツは良くても、トータルコーディネートとしてはいまひとつという評価になってしまってはもったいないと思います。