住宅ローン借換の恩恵を受けられる例とは?

住宅ローン借換では確実に恩恵を受けられるタイプのローンに借換を行うことが重要なポイントになります。
35年返済で残り返済期間が20年のローンを組んでいる場合、残りの20年間の返済期間の間の金利が固定になるものに借り替えると返済総額を減らすことができます。
一般的に20年金利固定のローンの金利のほうが、35年金利固定のローンのものよりも低く設定されているため、借換をすればローンの毎月の返済額とトータルでの返済額、双方を確実に減らすことが可能となります。
もし全期間金利固定のローンで借りている場合は、借換をするローンも残りの返済期間を固定するローンで十分に借換の恩恵ををうけることが可能になります。
残り返済期間に応じて柔軟な借換用のローンがありますので、それらを積極的にりようしましょう。
ローンが残り10年なら10年間金利固定のローンを、15年返済期間が残っているならば、15年間金利固定のローンに借り替えるようにすると有利な借換ができます。
住宅ローン審査申し込みは土日もできる?【ネット銀行審査申込み】