カントン包茎の包茎手術とは

カントン包茎というのは、包皮を剥いて亀頭を露出した状態にすると、亀頭が締め付けられてしまうようなタイプの包茎です。
軽度の症状であれば軽い締め付け程度で違和感があるくらいで済むのですが、重度のカントン包茎の場合には締め付けが強くて元に戻らなくなってしまうこともあります。
そうすると亀頭に血液が行き渡らなくなり最終的には壊死してしまう可能性もありますので包茎手術を受ける必要があります。
包茎を矯正するためのグッズなども市販されていますが、カントン包茎の場合には無理をして剥いてしまうとそのまま元に戻らなくなってしまうこともあり、非常に危険ですので専門家にお任せして包茎手術を受けた方が安全に改善することができます。
包茎手術後4週間!手術前に知っておくべき事【自慰の感覚が変?】