近ごろ光回線業者が高齢者の家を訪問し執拗な勧誘をしたり無理やり契約させるなどの事件が増えています

ここのところ、光回線業者が高齢者の住む家を訪問し、しつこい勧誘を行ったり、判断力の低下しているお年寄りを言いくるめ契約させるなど、光回線の契約に伴うトラブルが増えています。
こういった事態を受けて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に対しクーリングオフ制度を2015年にも導入する方針を明らかにいたしました。
プロバイダにネット接続できない場合に確認する点があります。
パソコンや機器の設定を確認しても、おかしい所がなかった場合には、接続Idやパスワードにミスが無いか、見直してみます。
数字のゼロとアルファベットのオーの間違いのように見た目が似ている文字があるからです。
それでも接続できなかったら、プロバイダ、ネット回線業者に連絡してください。
プロバイダ変更してキャンペーンに申し込んでいたので、キャッシュバックがありました。
新しいプロバイダの回線速度も早く、サクサクと思い通りに動いてくれるので、特に不便さを感じることもなく、乗り換えて正解だったなと思っているのです。
お得な特典がついている期間だったら、プロバイダの変更を検討するのもいい結果になるかもしれません。

光回線のプロバイダで比較